KKの成長株投資
~サラリーマン投資家暦6年目に突入~ 経済的独立を目指して奮闘する様子を綴ります。
カウンター





プロフィール

KK

Author:KK
☆自己PR
昨年は新興市場の暴落で手痛い損失を出しましたが、どうにか市場退場にならずにすみました。賢明な投資家を目指して日々修行中です。みなさんのアドバイスやコメントをお待ちしております。

☆最近熱中してること
 テニス(結構まじめにやっています)
 資産運用
 読書(ジャンルはばらばら・・・)



ブログテーマ一覧



最近の記事



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



相互リンク



リンク



最近のコメント



おすすめ本

・10万円から始められる資産作り

・大バケ株を掘りあてる3つの法則

・ピーター・リンチのすばらしき株式投資

・ピーター・リンチの株で勝つ

・億万長者をめざすバフェットの銘柄選択術

・オニールの成長株発掘法

・魔術師たちの心理学

・マーケットの魔術師 株式編

マネーマスターズ列伝



おすすめ

わずか2年で290%達成! セミナーで大好評の早川圭さんの本です。



月別アーカイブ



おすすめ証券会社



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


KKの投資ルールその3
3. 一度の取引で大きな損を出すな

一度の取引で大きな損を出すと立て直すのが非常に難しくなります。

表1にドローダウン後のリカバリーに必要なゲインを示します。10%のドローダウンに対して必要なゲインは、11.1%、20%のドローダウンに対しては25%のゲイン、60%のドローダウンに対してはなんと150%のゲインが必要となってしまいます!!それ以上のドローダウンに対しては、現状復帰が非常に困難な状況になり、いつのまにか「損したお金を取り戻す」ことが目標になってしまう可能性大です。

ドローダウンとリカバリー


ギャンブルとして株をするのであれば一か八かの大勝負をするのもありですが、着実に資産を増やしたいのであれば、絶対にこのような取引に手を出してはいけません。たとえ短期間で資産を倍増させていたとしてもわずか数回の失敗で株式市場から退場させられます。

自分の場合は通常1回の取引での背負うリスク((買値-損切ライン)×購入株数)は全資金の1.0%以下、どんなに魅力な銘柄であっても4%以下に抑えるようにしています。

#これまで着実に儲けることができた一番の秘訣だと思っています。

本当に魅力的な銘柄にはもっと資金を投入したと思うのですが、予期せぬ下方修正、暴落などによって何度か手痛い目に合わされているので、最近ではぐっと我慢するようにしています。

スポンサーサイト

テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://jkten.blog29.fc2.com/tb.php/7-7a9d97f3



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。